ムーディ勝山の猿まわし挑戦 左へ受け流される?

印刷

「100日劇場」(日本テレビ) 2010年1月23日 14時~

   この日スタートした新番組。100日で人は生まれ変わることが出来るのか? と生まれ変わるために頑張る人物を100日間密着するもの。番組を仕切るのは1発屋芸人から再ブレイクした有吉弘行。その有吉がプロデュースし、1発屋芸人のムーディ勝山を100日間で再生させるというのが1本目の企画だ。本物の芸を身につけていないから1発屋になる、とムーディを諭す有吉。太郎次郎の下で日本の伝統芸・猿まわしの修業をするという指令を出す。100日後の3月14日、「笑点」に猿まわしで出演するという晴れ舞台を用意して。翌日からムーディの猿まわし修業が開始。村崎太郎のもとには現在17人の弟子がおり、18番目の弟子になったムーディは猿の世話をしたり、猿部屋で猿たちと一緒に寝泊りしたりすることに…。
   2本目は、秋風センチメンタル、cossami(コッサミ)という2組のインディーズミュージシャンが北と南に分かれて旅をし、絶対に自信のある新曲を作り、3月15日、渋谷のライブハウスで披露。観客や視聴者の心を掴んだ1組だけがメジャーデビューを果たすというもので、旅の様子はブログに綴られるという。
   果たして、ムーディが猿まわし修業をすることや、インディーズミュージシャンのメジャーデビューにどれだけの視聴者が興味を持ち、ついてくるのか疑問だ。日テレもいい加減、困ったときの「電波少年」という発想はやめにしたらどうだろう。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中