映画アバター楽しむ 通なテクニックとは

印刷

テレビウォッチ>「この10年ではじめての病欠全休」を3日続けた笠井信輔アナが復帰した。

興行収入世界1

   扁桃腺炎で高熱が出たそうで、笠井の若干やつれたような表情とともに、番組はいつもの静謐さを取り戻した。たとえば、オグラのトークに対して、代役の長谷川は「ハイ!」「エー!」と元気よく相槌を打つが、笠井のそれはそこはかとない――といった具合である。

少なすぎる

   マー、ブッチャケ、その、ナンと言いますか、どうでもいいようなハナシなんですけどね。

   さて、番組復帰祝いでもないだろうが、今日(1月28日)はオグラに勝るとも劣らぬ映画好きを自認する笠井が力を入れるネタがあった。「アバター」だ。

   本格3D上映という新しい器に、古典的な物語要素――エンカウンター、修正主義的西部劇、決闘etc―をてんこ盛りにしたジェームズ・キャメロン監督映画は、大評判を取り、あっという間に「タイタニック」(これもキャメロン)を抜いて、世界1の興行収入を達成したという。

3D方式の違いと字幕有無

   ところで、3D上映にはIMAX 3D方式、XpanD方式など、いくつかの方式があり、かけるメガネの重さも違えば、「ビミョーに見え方が違う」(笠井)。「IMAXが1番明るくて、キレイ。もともとキャメロンはIMAXで3D映画をつくりはじめたので、IMAX向けになっている」とのこと。

   また、「年配の方」には、吹き替えがオススメだという。3Dの字幕は読むのが疲れるからだ。笠井自身、「吹き替えで観て、最高でした」というが、「吹き替え版の上映回数が少なすぎる」と苦言も呈していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中