喪服姿の後藤真希 「母」の葬儀後にコメント

印刷

<昼ワイドウォッチ>元「モーニング娘。」の歌手後藤真希(24)の母(享年55)の葬儀・告別式が2010年1月28日、東京都内であった。同日放送の「ひるおび!」(TBS系)もその模様を伝えた。母親は1月23日夜、自宅3階から「転落死」した。

   番組は、和装喪服姿の後藤真希が母の出棺を見守る映像などを放送した。前日の通夜では、同じく元「モーニング娘。」の中澤裕子が「私たちだけじゃなく、ファンの人たちもいるから……1人じゃないよ…・・」と声を詰まらせていた。

   後藤真希は葬儀後、「突然のことで気持ちが整理できず、ご心配をお掛けしました」「今日、たくさんの方々と一緒に母を見送ることができ、私もやっと少し落ち着けるような気がします」などとコメントを出した。

   スタジオでは、リポーターの小森谷徹が「無理に落ち着こうとしなくてもいいのでは」と感想をもらすと、司会の恵俊彰は「時間をかけて……」と受けていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中