蜷川実花 1日3回「着替える」理由とは?

印刷

   フォトグラファーの蜷川実花は打ち合わせが続き、「ああ、なんだか忙しい」という時にこそ、仕事の合間に洋服を着替える。

   グッズの打ち合わせ、映画の打ち合わせ、展覧会の打ち合わせ、撮影の打ち合わせ、といろいろな種類の仕事をしているので頭がこんがらがる。そういう時に着替えると「すごくリセットされる」からだ。

   撮影が2本ある時も必ず着替える。前の撮影の「残り香」を消していかないと次の方に失礼な気がするという理由。「なんだかんだと今日は3回も着替えちゃいました」と2010年1月30日のブログで綴っている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中