セレブをメチャクチャに 小池栄子の活躍に期待

印刷

<テレビウォッチ> テレビ朝日系の「宿命 1969-2010 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」。楡周平の原作だ。

華麗なる一族?それとも…

   連ドラ初主演の北村一輝が、病院グループの御曹司で財務官僚というエリートを演じる。NHK大河「天地人」では、上杉景勝役で注目を集めた。

   脇はしっかり固めている。奥田瑛二や松坂慶子、田中健、真野響子らだ。小池栄子も出ている。70年安保の映像がときどき出ながら進んでいく。主人公が御曹司でエリート官僚、とくると、どうも「華麗なる一族」と「官僚たちの夏」がちらついてくる。実際このドラマを見ていても、どうも新鮮さがない。

強烈なエゴを

   主役は50もの病院を傘下にもつグループの御曹司で財務省のエリート官僚、さらにそこに有力政治家の令嬢との縁談が持ち上がる、というありがちな「セレブ話」が展開していく。もうやめようよ、と言いたくなるパターンだ。テンポも緩いし全体的に暗い。

   このセレブ話よりも、為替ディーラーで主人公と交際していた女性を演じる小池栄子との絡みの方が面白い。主役の北村はどうも魅力に乏しいので、ここは原作者に丁重に断りを入れた上で小池主役のドラマにしたらどうか。非セレブの小池がセレブたちをすっちゃかめっちゃかにする話なら面白そうだ。きれいごとでなく、強烈なエゴをぶつけて欲しい。

      小池を主役に 一から出直し

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中