国会ヤジの発言者 「TVで顔さらしの刑」説

印刷

<テレビウォッチ> 確かにひどい。施政方針演説をする首相に対して「アホか」と叫び、予算委員会で答弁する大臣に「バカ」と言う。

選挙民を間接的に罵倒

   さらに、演説も質問も答弁もヤジで聞こえなくなるほど騒がしい。「学級崩壊ならぬ国会崩壊状態」(ナレーション)と言われてもしかたない。

テレビで

   VTRを見ていた鳥越俊太郎は「情けない。こんな人たちに税を払って政治をやってもらっているのか。品性も何もない」とタメ息をつき、「政権交代があって政権から落ちた方は悔しい。それでヤジが前より増えたのではないか」と話す。

   吉永みち子は「相手が下品だと言ってるけど、どっちもどっち」と見る。鳥越が「ヤジを飛ばしている人の顔を全部、撮ってテレビで流した方がいい」と口にすると、松尾貴史は「国民が選んだ人が国会に行って発言しているときに、その人をヤジるのは、間接的に選挙民を罵倒しているようなもの。騒音だけで相手をやりこめようという低レベルなことをするのは国民を愚弄していることにつながる」と述べた。

「国会の華」はどこへ?

   それからも、国会および国会議員への苦言がしばらく続いたが、最後は赤江珠緒が「国会議員のみなさん、改めて、もう1度、ご自分の姿をVTRで見ていただきたいと思います」と締めくくった。

   若手だけでなく閣僚級の議員からも無意味なヤジが飛ばされる状況がなんとも嘆かわしい。「国会の華」と感服するような巧みなヤジを聞きたいものだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中