ルー大柴、S・ボイルに感激 「努力すればいつかフラワーが咲く」

印刷

   タレントのルー大柴がブログで、英オーディション番組で大ブレイクした歌手、スーザン・ボイルについて綴っている。

   ルーはニュースで偶然その歌声を耳にし、鳥肌が立ったという。思わずアルバムCDを購入してしまった。帰宅し曲を聴くと、「なぜだかティアー(涙)が出てきた」そうで、「48歳の歌プリンセス」の歌唱力に「改めて圧倒されました」と絶賛している。

   09年の紅白歌合戦でもゲストで登場したスーザン。ルーにとって「一番印象的」な歌手だった。そして、こんなことを教わったという。「人間いくつになっても自分をビリーブし、ハード・ワーク(努力)すれば、いつかフラワーが咲く」。56歳のルーも、刺激を受けたようだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中