貴乃花の「政権交代」 一門崩壊の序曲か

印刷

テレビウォッチ>赤江珠緒は「大金星」と表現し、ナレーションは「奇跡の当選」と説明した。劣勢を伝えられた貴乃花親方が理事選で勝利をおさめたのである。

元・大横綱の「支持」

   この話題に関して相撲ジャーナリストの中澤潔が、貴乃花派の大嶽親方(元貴闘力)から聞いたという秘話を明かした。

イバラの

   昨2009年秋、貴乃花から「理事選に出たい」と訴えられた大嶽が「とりあえず、うちのオヤジのところに行こう」と、昭和を代表する大横綱だった大鵬元親方のもとへと連れて行った。大嶽は大鵬の娘婿である。やってきた貴乃花に対して大鵬は「若い者が出る必要があるよ」と励ましたという。優勝回数歴代1位の名横綱だった人の存在が、貴乃花グループの「精神的支柱」になったのではないか、と中澤は述べる。

   貴乃花の理事会入りが決まった昨夜(2月1日)雪の中を、彼を支持した間垣、二子山ら7人の親方衆が夫人連れで、大鵬の住まいへ挨拶に訪れるVTRが流れた。

形骸化した制度

   これを見た、やくみつる(相撲協会外部委員)は「非常にシニカルな光景だ」として「集まった7人の親方は大鵬さんの直接の弟子ではないが、こうやって集うのが本来の一門の姿だ。一門を割って出た人たちがこういうところを維持している。翻って、今いろいろ危機にさらされている一門は形骸化してしまっている。熱い師弟関係に結ばれているわけでもなく、あまり縁もないけど、とりあえず集まっていましょうかという集団になり下がっているところもある。で、造反が出たりもする」と語った。

   投票してくれた9人の力を背に、貴乃花は自ら唱える「改革」を進められるかどうか。

   「イバラの道を歩み出した」(赤江)ことは間違いない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中