伊東勤が語る 菊池雄星の「不安要素」とは?

印刷

   埼玉西武ライオンズ元監督で野球解説者の伊東勤が2010年2月2日のブログで、話題のルーキー菊池雄星投手を評価している。

   プロ野球12球団は2月1日、一斉にキャンプに入った。伊東は、菊池投手のブルペン入りの様子はテレビを通じて見たという。感じたのは「菊池選手は自分を冷静に客観視できているということです」。

   注目度、話題性が大きいだけに、本人は普通浮かれてしまうものだろう。それなのに、マスコミに対しては隙無く答え、伊東の目にも大人びて見えていたようだ。

「しかし、その優等生ぶりは不安要素でもあります」

   プロへの覚悟、大変さへの自覚があってのことだろうが、こうした振る舞いが逆に気後れになり、マイナスに働かないか――それが心配という。プロとしては結果への喜怒哀楽は抑えた方がよいが、時と場合によっては出した方がいいこともあるからだ。

「菊池選手が純朴で謙虚であることは、もうみんな分かったでしょう。18歳らしく、こういう一面もあるんだなと思わせるところがあってもいいのではないでしょうか」

   菊池投手には今後、「いい意味での我を出していってほしい」と、エールを送っている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中