2018年 7月 18日 (水)

相撲協会の「飼い殺し作戦」 安治川親方と「針の筵」

印刷

テレビウォッチ>日本相撲協会の理事選挙で、一門の締め付けを無視して、貴乃花親方に票を投じた安治川親方が退職宣言を一夜にして撤回。このウラにはなにがあったのか。

「子供みたいな組織」

   さまざまの憶測が飛びかうなか、番組メインコメンテイターのテリー伊藤は、これを相撲協会による一種の飼い殺し作戦と見ているようだ。

そこですよね

   「安治川親方、これから針の筵みたいな感じで生活していくわけじゃないですか」とテリー。今後は、上からの教育ならぬ洗脳が行われる。「これから、お前はイエスマンになって生きていくしかないんだぞ、ということ」を、今回の措置は意味しているらしい。

   しかも、テリーによれば、テレビを見ている人たちには、そんなことはバレバレで、気づいている。「それなのに、こんなことをやってるのは、笑っちゃうでしょ、正直。子供みたいな組織ですよ。全国で見てる親御さんが、(子供を)この協会に入れたいのかなァと思う、そこですよね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中