相撲協会の「飼い殺し作戦」 安治川親方と「針の筵」

印刷

テレビウォッチ>日本相撲協会の理事選挙で、一門の締め付けを無視して、貴乃花親方に票を投じた安治川親方が退職宣言を一夜にして撤回。このウラにはなにがあったのか。

「子供みたいな組織」

   さまざまの憶測が飛びかうなか、番組メインコメンテイターのテリー伊藤は、これを相撲協会による一種の飼い殺し作戦と見ているようだ。

そこですよね

   「安治川親方、これから針の筵みたいな感じで生活していくわけじゃないですか」とテリー。今後は、上からの教育ならぬ洗脳が行われる。「これから、お前はイエスマンになって生きていくしかないんだぞ、ということ」を、今回の措置は意味しているらしい。

   しかも、テリーによれば、テレビを見ている人たちには、そんなことはバレバレで、気づいている。「それなのに、こんなことをやってるのは、笑っちゃうでしょ、正直。子供みたいな組織ですよ。全国で見てる親御さんが、(子供を)この協会に入れたいのかなァと思う、そこですよね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中