一転残留の安治川親方 赤江珠緒「残った後大丈夫?」

印刷

<テレビウォッチ>「180度の方針転換がありました。その裏には何があったのでしょうか」と赤江珠緒が話を始める。

20時間後に

   前夜(2月2日)の会見で、貴乃花に投票したと名乗り出て、「(立浪)一門に迷惑を掛けた。(相撲)協会を退く」と表明した安治川親方(36)が、20時間後、再び会見を行い、「協会に残らせていただくことになりました」と語ったのである。

   安治川の隣に座った立浪一門の友綱理事は「彼は自分の責任だけを感じて行動を取ったが、一門はそういった(退職させる)方向では話していない、と彼に言った。一夜明けて彼も冷静に考えられる状態になったのではないか」と話す。

   立花裕人リポーターによれば、友綱は「協会、一門、部屋のしくみを勉強してもらわなければいけない」とも言ったらしい。残すけれども勝手な言動は慎めよ、ということか。

「仲間が増えますよ」

   やくみつる(相撲協会外部委員)は、朝青龍の件にしても、理事選問題にしても想像以上に報道量が多く、反響も大きく、さすがの相撲関係者も黙殺できない状況に追い込まれたとし、「一門としてこれ以上、糾弾せず、引き留めざるを得なかった」と解説した。

   相撲ジャーナリストの中澤潔は「推測だが」と断ったうえで「武蔵川理事長に『収めろ』と言われたような気がする」と述べる。

   赤江珠緒から「安治川親方の今後は大丈夫でしょうか?」と尋ねられた中澤は「掟を破ったという空気は一門の他の親方にも強く残る。精神的には苦しいと思うけど、協会から出て行くと厳しい社会情勢の中、生活がたいへんだ。変な教育を受けず、自分の意思を通す親方になってほしい。若い親方たちも気がついて仲間が増えますよ」と結んだ。

   2010年は、角界にとって歴史的な年になりそうである。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中