麒麟川島31歳に 初日にやった「大人」の行動

印刷

   お笑いコンビ・麒麟の川島明が2010年2月4日のブログで、31歳の誕生日を迎えたことを報告した。

   前日が誕生日だった。ネゴシックスや天津・向清太朗らが祝ってくれたほか、番組スタッフも川島を祝福した。掲載された写真には、川島の似顔絵が描かれたバースデーケーキをうつしたものがあった。

   31歳になって初日の川島はというと、「8時間寝て起きてゲームを10時間して夜2時間だけ仕事をしました」とのことだ。子どもの頃に思い描いた31歳は、もう随分大人になっていて、毎日タキシードを着てはどこかのパーティーに呼ばれる――そんな紳士になっていると想像したものだった。ともあれ。

「理想は理想ですが、今この現実も嫌いではありません」

   ブログを通じてメッセージを送ってくれたファンにも感謝している。背中を押されながらもまた一歩一歩、頑張っていきたいと決意を新たにした。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中