ドランク鈴木のつぶやき アンガ田中が心配中

印刷

   お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が、友人のドランクドラゴン・鈴木拓のことを心配している。

   2010年2月3日のブログで思いを綴っている。先日、「潜在異色」(日テレ系)の収録後に行った打ち上げでのこと。鈴木が「山本君(ロバート)はこの番組に出ている時は生き生きしてるねー」と言いだした。

   鈴木は、相方・塚地武雅の人気に押され、薄れていく芸能人としての自身の存在感を以前から認めている。田中は、これを気にしてか、「鈴木さんも、生き生きしてますよー」と返した。そして、ブログに元気な鈴木の写真を掲載しようとシャッターを切った。しかし、その写真は見事にぼやけてしまった。

   かねてから鈴木と仲が良く、少しの期間でも連絡がとれないと「鈴木死亡説」までブログに流すほど心配性の田中。これに危機感を感じたらしく、

「はやく次の収録日がこないと、もう鈴木さんがぼやけ始めています」

ぼやけきった写真を掲載して、業界関係者に向けてか、必死でアピールしていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中