橋下知事が弱音!?  東国原知事に送ったメール

印刷

   東国原英夫宮崎県知事は2010年2月4日のブログで、橋下徹大阪府知事と交わしたメールについて書いている。

   先日、橋下知事と「景気経済雇用対策、産業振興、教育、医師不足」など、「次々と噴出してくる行政課題・難題」についてメール交換を行った東国原知事。その中には、以下のような橋下知事の文言があったという。

「府民の期待に応えられるよう、これまで全力で走って来たが、期待や要求や課題は弥増すばかりである……」

   この弱音とも見られる橋下知事の言葉に、大阪の行政課題の大変さを認める東国原知事は「正しくその通り」と同調する。そして、「行政・政治は住民に永遠に期待され、請求される。そういう運命なのだろう」とし、自身の境遇については「やれやれ、えらい世界に飛び込んだものだ」と綴った。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中