石井琢朗 「22年間の中で一番きついキャンプ」

印刷

   プロ野球・広島東洋カープの石井琢朗選手がブログで、体を限界まで酷使しているキャンプの様子を書き込んでいる。

   2010年2月4日に書いた「限界?」と題した記事によると、朝起きた瞬間に限界を感じたというのだ。理由は体がきつくて、起きられそうになかったから。「おそらく、石井琢朗の22年間の中で一番きついキャンプを送っているんじゃないかな」

   もちろん、もっときつい練習をこれまでにも経験しているが、今までは「若さ」で乗り切れていた。それが39歳の石井には「若い時と同じ練習でも、倍以上のきつさがあるんだな」とこぼしている。

   とりわけ練習中にあった3.2キロ走は心底、妥協しようと思ったという。というのも、3.2キロ走の前には「ティー」が連続で行われ、「終わった後は、生まれたての小鹿ですよ」。つまり足がパンパンに張っていたのだ。

「ひと回りも違う、若い奴がキツイって言ってるのにもうすぐ40のおじさんが、きつくないわけないじゃないですか」

   ただ、そうして迎えた3.2キロ走では意地を見せ、気力で乗り切ったらしい。自分に勝てなかったかもしれないが、負けることはなかったと少しは満足している。「僕の限界はまだまだ先の方にあるような気がした今日の第1クール最終日でした」<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中