新垣結衣の「自分探し」 勝ち組になれた理由

印刷

   <テレビウォッチ>フジテレビの「コード・ブルー2nd season」。ドクターヘリを巡る若き候補生たちの活躍を描く。前作に続き、山下智久や新垣結衣らが出演している。

山下智久もノっている

   今回のシーズンも台本がしっかりしている。伏線をいろいろ張りながらもスピーディーに展開している。新垣らの演技も含め、しっかりしたつくりになっているので人気を集めているのだろう。一種のアクションものの味わいに加え、若き主人公たちが悩みながら自分探しをする姿を描いているところも、若者の共感を呼ぶ要因となっている。冬の新連ドラで唯一の勝ち組といってもいいのではないか。

   指導役の椎名桔平の演技がなかなか良い。山下も新垣も頑張っており、みんながノっているのが分かる。やはりドラマが当たると出演者のやる気も増してくるものだ。それがますますドラマを面白くする。逆もまた然りなのだが。

   前のシーズンから約1年半が過ぎ、山下や新垣が少し大人になったこともプラスに働いている。前のときは、2人とも演技は頑張っているけど、いかんせん若すぎて医者の卵にも見えないぞ、という気もしていた。今回はその辺りの違和感はない。

      救命と 自分探しの ヘリが飛ぶ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中