千原ジュニアのテク 戦場カメラマンと芸人が調和

印刷

笑撃!ワンフレーズ>この番組はタイトル通り、毎回あるテーマに沿ったひと言を取り上げるバラエティ番組だ。今回のテーマは「ピンチを救う言われたいひと言」。

乗ってたバスが襲われた

   視聴者の投稿をもとに芸人がショートドラマを制作、そのVTRを間にはさみ、ゲストのトークが繰り広げられる。司会は千原ジュニアと枡田絵理奈アナ。ほかに高田純次をはじめ、有吉、サンドウィッチマン、サバンナ、アンガールズ、DAIGOなどなかなか豪華なメンバーが顔をそろえた。

   ところがこのメンバーの中に1人だけ見慣れないゲストがいる。彼は戦場カメラマン、「渡部さん」。千原ジュニアの「何で来たん?」という質問に「渡部さん」は「戦場の様子を皆さんに伝えるため」といたって真面目。

   トークではゲストが自分の修羅場体験を話し、盛り上がる。渡部も戦場カメラマンになる決意をした、戦場での修羅場体験を話す。その内容はコンゴ内戦時、乗っていたバスが襲われたというもので、一見この番組には似つかわしくない内容。

斬新な組み合わせ

   しかし、そんな真面目な話も不思議とこの番組に馴染んでいた。面白いのである。渡部の『いい声』もその原因だろうが、それはやはり、周りのゲストの芸人そして司会の千原ジュニアの力があったからこそだと思う。千原ジュニアの振りや突っ込みはさすが。

   今回のように、かけ離れた職業のゲストを呼ぶのも面白いと思った。芸人と戦場カメラマンという斬新な組み合わせ。今回のように、周りの上手いサポートがあればの話だが。

   また、千原ジュニアの司会の力も光った。芸人が司会をすることがますます多くなっている現在、千原ジュニアに多いに期待したい。<テレビウォッチ>

どらみちゃん

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中