「爆笑」太田が迫る宇宙誕生 ポンッと飛ぶ発想と次元

印刷

<テレビウォッチ> 今回は「プロフェッショナル 仕事の流儀」が再放送のため、爆笑問題のニッポンの教養をお伝えする。今回、爆笑問題が訪れたのは宇宙構造工学の研究者・三浦公亮。

「ミウラ折り」の宇宙運搬術

   重力の無い宇宙空間での構造物を専門に扱う。例えば人工衛星。テレビでよく目にする人工衛星だが、あのように大きいものをどうやって宇宙に運ぶのだろうか。宇宙で活躍する構造物の中には、100メートルクラスの大きさのものもある。ロケットの貨物室の直径は、せいぜい5メートル。大きなものをコンパクトにまとめる必要がある。そこで三浦が考えだしたのが、通称「ミウラ折り」。

   1枚の大きな紙状のものに、菱形の折り目を付けて行く。すると大きな紙切れだったものが、コンパクトにまとまる。しかも、紙の端と端をもつだけで力をかけずに広がり、同様に縮めることもできる。この仕組みを、宇宙構造物に応用し、コンパクトにまとめる。

   この発見は、三浦がNASAでロケットの破壊をしていたときにひらめいた。筒状のものを均等に力を入れて上から押しつぶすと、ダイア状の模様をつけながら押しつぶれる。このダイア状のパターンがついた筒は、衝撃にも強い。

   三浦「数学は直感なんですよ、大体。論理ばっかりでいったら行き着くところが無い。だけど、論理のちょっと先に『こうなったら答えが美しいな、見事に説明できるな』って思うじゃないですか」

「もっとすごいことに」

   太田「そっちの発見の方がすごくて、それでもたらされた結果って、単に宇宙にモノが運びやすくなりましたっていう。もっと凄いことがこの発見によってまだ見つかっていない事が」

   田中「もっとすごいことに発展する可能性はありますよね」

   太田「その、発想がポンと飛ぶ感じ。宇宙が誕生したのも、次元がポンっポンっポンっと変わって誕生したわけじゃない。次元の飛び越えがこの世の中を作ったとすれば、その謎の根本が、こういう事の、次元と次元をつなげるっていうことが、全体の宇宙の謎を解くヒントになるような気がするんだよね」

   ロケットの破壊から菱形が自然に誕生する。服のしわからも、何らかの規則的なパターンを見つけたりもする。この菱形状の折り方から、新しい大きな発想が生まれるかもしれない。

慶応大学・がくちゃん

   *爆笑問題のニッポンの教養

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中