笠井「とんでもない病院です」 逮捕2医師の「ガン手術」実態

印刷

<テレビウォッチ>笠井アナが「とんでもない病院です」と取り上げたのは、業務上過失致死容疑で逮捕された奈良県大和郡山市の山本病院元理事長(52)と元勤務医(54)。

「ウソの診断」

   この2人の医師は、ガンでない男性(当時51)に「あなたはガンですよ」と手術を強要。男性は、手術中に出血多量で死亡した。しかも手術室には輸血用の血液も準備しておらず、麻酔医もいない状態だった。

もうけ主義

   容疑を認めている元勤務医の供述によると、「(事前の検査で)良性の腫瘍と知りながら肝臓ガンとウソの診断をした。(元理事長の)指示に逆らえなかった」という。

   また、「(元理事長は)酔っぱらって手術室に来て自分で切ったのに、自分では止血できなかった。実際に心臓が止まったのに来ず、酒を飲みに行ってしまった」と。

   これでは医療過誤を通り越してまるで『殺人』に等しいと思うのだが、殺す意志はなかったというわけか業務上過失致死容疑!?

「点数稼ごうと…」

   キャスターの小倉が「何でこんなことをやったのだろうか?」と呆れ顔で……

   笠井がこれに「基本的にはもうけ主義が背景に。以前、生活保護者やホームレスをたくさん集めて架空の診療請求をし、逮捕されたあの病院なんです。点数を稼ごうとしたのでは……」。

   このケースは極端としても、『医は算術』と考える医者はごろごろ。早期発見が大事と言いながらガンを見落とすなど、表にでてこない医療過誤が……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中