朝青龍の「国外逃亡」 勝谷「日本の法と正義どうなる!」

印刷

<テレビウォッチ>傷心の朝青龍がハワイで静養してるというので、番組も大追跡を敢行。朝青龍が観光客と一緒に撮った記念写真を収集するなどの成果をあげた。

「カネで済むなら…」

   スタジオでは番組コメンテイターの勝谷誠彦、顔面を紅潮、硬調させて、まくしたてる。「マスコミは(朝青龍を)追いかけ回して、ハワイの観光案内みたいなことをやるんじゃなくて、麻布署になんで彼を国外に出したかを取材しないとダメですよ!」

それはまだ

   「どういうことですか?」。司会の加藤浩次がわざとらしく合いの手を入れると、勝谷は先週に引き続いて、持論の朝青龍逮捕必然論を全面展開。「客観的に見て、殴ったという行為はあったと思う」と主張する勝谷に、司会者は「それはまだわかりませんよね」とあくまで冷淡である。

   「それは警察はちゃんとやらないと。人を殴って、カネ払って済むなら、警察要りませんよ。海外に逃げますよ――」。勝谷はいつものように、ひとりでにヒートアップしていく。机を叩き、怒りにわななく。「このままモンゴル行って帰ってこなかったら、どうすんですか。日本の法と正義はどうなるんですか! こんなナメられたこと許しちゃダメですよ!」

   こうした勝谷ひとり沸騰、炎上は長らくスッキリ!!の見物のひとつだが、最近の番組の視聴者フレンドリー・ソフト路線に合ってるのかという点では大いに疑問ではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中