杉浦太陽 「覚えのない写メ」を「消すに消せない」理由は…

印刷

   俳優の杉浦太陽が2010年2月8日のブログで、日常のちょっとした出来事を綴っている。

   携帯電話で「写メ」を撮ろうと思った杉浦。だが、メモリーがいっぱいで撮影できなかったという。「な…なぜに…?」と不思議がる。データを確認すると、10枚以上の「撮った覚えのない写メ」が。しかも、その写真はブレており、何を撮りたかったのかが全然分からないようなもの。

   「犯人は…」と考えると、思い当たったのは「俺の…娘ダァーッ(笑)」。携帯電話で遊ぶのが大好きだという。それが分かると、写真を「消すに消せない…」と頬を緩ませ、「ほんまに可愛いやっちゃ」と溺愛っぷりは変わらないようだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中