亀田興毅 「ほんまに」「ほんまに」繰り返し祝福

印刷

   プロボクサーの亀田興毅が2010年2月8日のブログで、7日に行われたWBA世界フライ級タイトルマッチを制した弟・大毅を祝福している。

   大毅への応援があったからこそチャンピオンになれた。そう綴る興毅は、「ほんまにありがとうございました」「ほんまに感謝してます」とファンや読者にお礼を連発。「夢みたいやな!」という大毅に「まだ実感ないみたいやわ(笑)」とするも、「ほんまにようやった!」「ほんまによう頑張った!」と讃える。

   「三兄弟で間に挟まれて、辛かったこともあったと思う」。その苦労を分かっていたからこそ、応援にも力が入っていた様子。「でも疲れたわぁ…」と呟いたのは、それだけ緊張していたのかもしれない。だからこそ、「ほんまによかった!大毅おめでとう!」と繰り返し喜びをあらわにしているのだろう。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中