「小沢潔白主張」にみの反論 「不透明さ納得できない」

印刷

   <テレビウォッチ>政治資金報告書への虚偽記載で秘書3人が起訴されながら、自らは不起訴になった民主党の小沢幹事長が、いよいよ動き出した。ところが、「嫌疑不十分」での不起訴を、「潔白だ」と強弁し始めた。

堂々と続投宣言

   きのう(2月7日)の会見では、「強制捜査も受け、わたしも2度も聴取された。これ以上の説明はないんじゃないか」といったあげく、「不正はなかったと明らかになった。潔白だと報じたあと世論調査をしていただければ、コメントします」と記者たちに反論した。「メディアは、潔白だと書け」というわけだ。

金の話は…

   みのもんたは、「虚偽記載への関与が嫌疑不十分というだけで、金の話は潔白じゃない。不透明さには納得できない。不動産は小沢さん個人の名義。相続は家族へいくんでしょ」

   杉尾秀哉も、「潔白だなんて報道できない。できないものはできない」

   JNNの調査では、小沢幹事長が「説明責任を果たしていない」が90%、「幹事長を辞めるべき」が45%、「議員も辞職すべき」が33%だった。

   しかし、そんなものどこ吹く風だ。この日鳩山首相と会談した様子を、「幹事長を続けてよろしいか」と聞いたら、首相は「ぜひ、一生懸命がんばって」といった、と話した(首相は、「ハイと申し上げた」といっている)。堂々たる続投宣言だ。

参院会派が過半数

   さらに、逮捕・起訴された石川議員の進退については、「国会議員としての職務に関して責任を問われているわけではない」とぬけぬけという。

   そして場外では早速豪腕ぶり。自民を離れた田村耕太郎参院議員を民主党に入党させた。これで、民主中心の会派は参院での過半数を達成。社民党抜きでいけるようになった。この調子で参院選まで突っ走る?

   話はそう簡単ではあるまい。これだけバカにされれば、有権者だってだまってはいまい。参院選がかえって待ち遠しくなってきた。

   それにしても情けない。映像で見る限り記者会見でだれ1人、「潔白だなんてだれも思ってませんよ」と声をあげなかった。国民はテレビでそれを見ているのだ。なんともみっともないことよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中