「見方真っ二つ」朝日VS読売・毎日 石川議員「離党する・しない」

印刷

<テレビウォッチ>民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の報告書虚偽記載で逮捕・起訴(政治資金規制法違反)された石川知裕議員がきのう(2月9日)、十勝の地元で保釈後初の会見をした。注目の進退ははっきりしなかったが、いろいろ見えてきたものがある。

深読み?

   石川議員は支援者を前に、「不正な金は受け取っていないし、意図的に虚偽記載したこともない(?)」と述べ、さらに「離党も議員辞職もせず国会に戻って活動するようにと(後援会から)激励を受けた」といった。

ガツンと

   これを受けて面白いことが起こった。読売と毎日は「離党せず」と報じたが、朝日は「離党の方向」とやったのだ。朝日の根拠は、事前に用意した挨拶文にあった「離党も議員辞職も考えておりません」というくだりを読まなかったという点。

   片山善博は、「朝日は深読み?」といったが、石川議員はそのあと、「(進退は)きょう一任されたので、自分で判断したい」といっている。微妙なところだ。

   鳩山首相はこの会見前には、「身の処し方が国民の思いと違った時、党としての判断が出てくる」といっていたのだが、会見後には、「小沢氏と会えば、そこでひとつの判断が出る」と、小沢幹事長にゆだねたような口ぶりになった。

   片山は、「じゃぁ、だれの秘書だったのか、となる」。さらに、「自浄能力がないんだなと思えば、有権者は離れる」といった。これは、会見で記者がいわなくてはいけない言葉だろうに。

鳩山首相、本当は…

   この関連では、妙な行き違いも出てきた。おとといの小沢・鳩山会談で、幹事長続投を首相が了承したくだりで、小沢幹事長が、「(首相は)がんばってくださいといった」と話したことに、鳩山首相は「がんばってとはいってない。ハイといっただけ」と訂正したのだ。

   みのもんたは「どうなってるの?」

   これに片山が、「鳩山さんは正直にいった。本当はがんばってほしくないから」(爆笑)

   みのは、「小沢さんに、ガツンという人はいないんですかね」

   川戸恵子は、「でも、枝野さんをのんでくださいよといってる」と。反小沢派の枝野幸男を行政刷新相に起用する件は、この会談で了解を得たとされる。

   片山が、「鳩山さんにしては、相当な突っ張りですよ」といった。鳩山首相もようやく動き出したということか。

   民主党内でも、「離党はあると思う。その方がいい」(仙谷国家戦略相)、「起訴を重く受け止める必要がある」(千葉法相)など、まともな声も出始めている。そりゃそうだろう。石川議員がこのまま居座れば、十勝以外の全国で、民主党票が減っていくのだから。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中