臼田あさ美が「騙された!」 トイレに「おじさん」が…

印刷

   女優の臼田あさ美が2010年2月10日のブログで、「とことん騙された」体験を報告している。

   トイレに行くと、ステッキを持った「おじさん」が座っている。鏡を持つのは舌を出したおじいさん。「思わず悲鳴をあげました(笑)」と臼田。実はこれ、東京・八王子にある「トリックアート美術館」での出来事だ。前者はチャップリン、後者はアインシュタインの「トリックアート」だった。

   まるで3Dで生きているかのように見える絵に、トイレから出ても「うげげげ!!クジラが飛び出して見えるでしょ?」「ぎょえー!!ワニに食べられそうでしょ?」と大興奮。「遊び心を超えた芸術作品」だと感じたようで、「感動しちゃいます!人間はすごいのーー」「デートにおすすめです」と、とても気に入った様子だった。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中