朝青龍の引退騒動 「切腹ものは横綱審議会」の理由

印刷

「朝青龍引退報道」(各局) 2010年2月4日・5日

   筆者にも朝青龍の引退について2つの媒体からコメントを求める電話がきた。1社には答えたが、もう1社には答えさせたい意図の方向性がミエミエだったので断った。朝青龍については色々な人がこき下ろしているので改めて書かない。筆者は横綱審議会のメンバーこそ、己の不明を恥じて総辞職するべきだと考えているのだ。
   かつて、大関・小錦は資格がありながら横綱に推挙されなかった。多分根底に色黒の人たちに対する差別意識があったと思う。後に批判を恐れてハワイ勢(曙や武蔵丸)も横綱になれるようになったが。その点、朝青龍ばかりでなく、他のモンゴル勢は日本人に似た風貌で抵抗感がなく、なかんずく、彼らを無視してはもう大相撲が立ち行かなくなっていたので、素行に問題があっても横綱にした。
   自分たちで賛成しておいて、何が品格か。ならば最初から横綱に相応しい人格が欠如しているとして、小錦同様何だかんだと難癖をつけて昇進させなければよかったのだ。横審こそ切腹ものである。日本相撲協会の優柔不断、腰砕けは改めて言うまでもない。言っちゃ悪いが「大男、総身に知恵が回りかね」と揶揄される体育会系の人たちの集団なので、至るところで知恵が回りかねているから仕方ない。それを補ってこその横審(外部の知識人と称する人間たち)であろう。稽古総見でイチャモンをつけるためだけの爺婆集団に成り下がり、自分たちの批判も出来ない鈍さには呆れるしかないのだ。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中