「小沢辞めろ7割」の世論 「マスコミに影響されてるだけ」か

印刷

<テレビウォッチ> 民主党の石川知裕議員が結局きのう(2月11日)、離党届けを出した。受けたのは小沢幹事長だが、彼は相変わらず、「(石川議員は)国会議員の職務の責任を問われているわけではない。報告書のミスに関してだ」と言い続ける。

「形式犯じゃない」

   元はといえば、小沢事務所の秘書時代の会計処理の問題。その報告書に虚偽記載をした、それも億単位の金となれば、そんな強弁が通るはずもないのだが、小沢幹事長はあくまで、「形式犯」だといいつのる。

国民に

   この日の会見では、記者の突っ込みも聞けた。

   記者「これで区切りということか」

   小沢「けじめはあるが、(離党は)本人自身の判断。いま説明したでしょう」

   記者「ミスというのなら、慰留はしないのか?」

   小沢「報道されて大きな騒ぎになったから、自分で決めた」

   つまり、あくまで「ミス」であって、報道が騒いだから、ことが大きくなった、という論法だ。これが政権党の幹事長というのだから、恐れ入る。

   与良正男は、はじめから「これは形式犯じゃない」と言い続けている。政治資金規正法の目的は、金の流れを公表して、選挙で投票する際の判断材料にすること。そこへ虚偽の記載をする、それも意図的に、というのは重大犯罪だと。堂々たる正論だ。

「選挙民はバカじゃない」

   「『幹事長やめろ』という声が7割になったのも、マスコミが書くからだというわけだ。国民はそんなに単純なものですか? 小沢さんは国民を信用していない。もっと信用したほうがいいんじゃないか。いろんなこと考えてる人がいるんですよといいたい」という。

   みのもんたも、その前に「選挙民はバカじゃない。あなどられている」と叫んでいた。さらに、「国会議員の職務に関しての責任を云々」をとりあげて、「だから国会議員を辞めなくていいんだぞと。これがわからない」

   与良は、「政治資金規正法はすべてオープンにするのが大原則。ところが、石川議員は、『小沢さんがあまり沢山お金をもってると思われないように』と、故意に記載しなかった、と(捜査段階では)認めているのだから、決して形式犯でも計算上のミスでもない」

   みのは「判断は懸命な国民にゆだねられてると思います」

   少なくとも、小沢幹事長とその周辺はそうは思ってない。内閣支持率をどんどん下げてやるのが、わからせる早道なのだろうが、代わりに自民党が伸びてこないんだから、どうにもこうにも困ったこと……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中