「鳩カフェ」で飛び出した 子ども手当巡るリアル発言

印刷

   <テレビウォッチ>有権者の声を直接聞きたいと、鳩山首相がきのう(2月14日)官邸でもよおした初の「リアル鳩カフェ」で、「子ども手当の満額支給にこだわらない」ととれる発言をして、またまた論議になっている。

「マニフェスト変えるんですか?」

   「鳩カフェ」の初回テーマは、「子育て」。希望者700人から選ばれた、中3までの子をもつ父母10人が、カジュアルなシャツ姿の首相とテーブルを囲んで歓談した。子ども連れで、庭で記念写真を撮ったりのサービスのあと、室内では大人だけで、飲み物は、セルフサービス。

言いたい

   この中で、2011年度から満額の1人月2万6000円支給が予定されている子ども手当について、参加者から「子どもの将来に借金を残すことにならないか」との問いがでた。

   これに鳩山首相は、「財源はムダを削減する中で、できた分だけ基本的にはやろうと思っている」と答えた。これが、満額を約束したマニフェストに外れるのではないか、というわけだ。

   みのもんたが、「マニフェスト変えるんですか?」

   杉尾秀哉が、「最重要のマニフェストだった。何が何でもやる、そのために財源をどうするというところを、やれるかどうかわかりませんでは話が逆」

「こんなパフォーマンスでなく…」

   末吉竹二郎も、「あれだけ政権をとるための準備をやってきて、政権半年ですよ。こんなパフォーマンスでなくて、言ったことをきちんとやるのが本当のパフォーマンス」

   みのは、「マニフェストが半年で変わるんなら、7月の参院選でも、どう変わるの?って問われますよね」からどんどんのっちゃって、「いま納税の時期です。お手本を見せなければいけない国会議員が、とんでもないお手本を見せてるわけですから、深く反省して、あるいは謙虚にならないといけないんじゃないですか」とカメラをにらんだ。

「与野党の全員に言いたい。納税は国会議員の義務でもあるんですよ。かりに、もらってないよ、知らなかったよで、税務署は認めてくれますか、一般の市民にも」

   税金をがばっととられているうらみか、最後は捨て台詞に聞こえて、スタジオからも声なし。

   鳩カフェは今後、介護、学生、職人などテーマを変えてつづけるのだそうだ。

   それ自体は悪くはなさそうだが……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中