2020年 2月 24日 (月)

モーグル上村愛子の4位 「あと1秒半縮められた」理由

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

<テレビウォッチ>赤江珠緒が言うように、「メダルを取らしてあげたかった」。フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子(30)は1歩、表彰台に届かなかった。

長野から1段1段

   長野の7位に始まり、ソルトレイク6位、トリノ5位と、1つずつ順位をあげ、今回のバンクーバーが4位である。

メダル以上

   「なんで、こんな1段1段なんだろう」と、彼女は何度も涙をぬぐった。

   専門家によれば、上村の力なら、もう1秒半はタイムを縮められたという。スピードに乗り切れなかったそうだ。高速で滑り降りる武器となるカービングターンには、ずいぶん磨きをかけたはずだったが……。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中