2018年 5月 23日 (水)

モーグル上村愛子の4位 「あと1秒半縮められた」理由

印刷

<テレビウォッチ>赤江珠緒が言うように、「メダルを取らしてあげたかった」。フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子(30)は1歩、表彰台に届かなかった。

長野から1段1段

   長野の7位に始まり、ソルトレイク6位、トリノ5位と、1つずつ順位をあげ、今回のバンクーバーが4位である。

メダル以上

   「なんで、こんな1段1段なんだろう」と、彼女は何度も涙をぬぐった。

   専門家によれば、上村の力なら、もう1秒半はタイムを縮められたという。スピードに乗り切れなかったそうだ。高速で滑り降りる武器となるカービングターンには、ずいぶん磨きをかけたはずだったが……。

「カッコよかった」

   吉永みち子は「彼女の存在で、みんながモーグルという競技になじむことが出来た」と功績をたたえ、「メダル以上だ」とした。松尾貴史も「カッコよかった。それで十分」と述べた。

   観客席で見つめた母親(58)の「私は満足しています。私にとっては1番ですから」という言葉が胸にしみる。

   メダル獲得を目指した彼女の旅は、ひとまず終わった。4年後のソチにも挑むのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中