成田童夢が「国母に一言」 「同じスノーボーダーとして許せない」

印刷

   スノーボード選手の成田童夢がブログで「おれも一言物言うぞ!」と、服装や記者会見での態度が物議をかもしているバンクーバー五輪、スノーボード・ハーフパイプ日本代表選手・国母和宏について書いている。

   成田と国母は前回トリノ五輪で同じ日本代表だったが、実は「犬猿の仲だった」と明かす。ただ国母の演技力は「凄い」そうで、「おれが現時点で戦ったら100%負けるだろう…」とその実力を認めている。それを承知の上で、「おれも人の事を言えないかも知れないけど、あの記者会見の態度だけは同じスノーボーダーとして許せないよ」という。他の選手たちにも影響することをわかってほしいというのだ。「上手いのに勿体無いよ!!」という思いもあるそう。2010年2月12日には「服装や態度…言動をほんの少しでいいから、変えていってほしい」としていた。

   この記事の影響力は大きかったようで、アクセス数が「急増」し、マスコミからも取材依頼が来ているという。「おれとしては、スポーツマンらしい健全な対応をしてほしかっただけ」と驚きと戸惑いを示しながら、「今はただひたすら、メダル獲得に向けて頑張ってもらいたいです」と14日の記事を更新している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中