ラモスの息子、日本代表に吠える 「なにもたもたやってんだよ!」

印刷

   元サッカー日本代表のラモス瑠偉が2010年2月15日のブログで、14日のサッカー・東アジア選手権で韓国に1-3で敗れた日本代表に苦言を呈している。

   試合を観戦し、「耳が痛くなるほど吠えて」いたのはラモスの息子。

「パスまわしてばっかで、ちっとも攻撃出来てないじゃねーかよ!」「なーにもたもたやってんだよ!」「相手のDF崩しての得点 1点もないじゃねーかよ!」

と、ここ最近の試合ぶりにだいぶフラストレーションがたまっている様子。W杯まであと4か月と迫っているチームの試合ではない、と「怒りまくって」いたそうだ。

   ラモスも、対戦相手だった韓国チームを、自身の来日以来いちばん弱いと評する。その「弱い韓国」相手にも負けてしまう。「今まで出来てた事も、出来なくなってる」チームに不満そうだ。

   自信回復のためには、運動量を増やすことだとアドバイスする。「早く自信を取り戻せ。自分を信じて楽しいサッカーやれよ」。そして、1対1で「絶対に負けない」こと。「それが大事だし、そこからだぞ!」。このままで終わるはずはない、そう信じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中