2021年 5月 17日 (月)

大人手当「月5000円」を! 金美齢「『労働なしで金』は悪」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

<テレビウォッチ> 「わたしが提案するマニフェストは――おとな手当を支給します」。小さな国会の壇上でこう訴えるのは、漫画家やくみつる。ワイドショーなどのテレビではお馴染みだが、ここでは意外というべきか、新顔である。

「倹約は敵だ」

   あと数か月寝ると、2万6000円(さしあたり1万3000円?)の子ども手当支給がはじまる予定だが、子どものいないやくにしてみれば不公平感もあり、大人にも手当が必要だと考えている。そこで、子ども手当に加えて大人にも月5000円の手当を出そうというのだ。

   これを聞いて、太田光総理(爆笑問題)は「いーねー」と相槌を打つ。そしてやくの話にウンウンうなづく。これまで議長にもたびたび注意されてきたことだが、他人の提出するマニフェストには相変わらず無関心そうなソーリである。

   さて、「思い出してください、バブルのころ」とやくは過去を振り返る。「消費が楽しくてしょうがなかった。バブルの再来を狙う」とし、「倹約は敵だっ!!」とのスローガンを掲げた。

   手当の費用は3.3兆円。子ども手当が5兆円超なので、それより安い。これらは(旧)特法などの天下り団体への税金を減らすことで十分捻出可能だという。しかし、民主党代議士をはじめとする政治家軍団はシブい顔だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中