「元祖」論争一方のみ紹介 取材不足か取材費の都合か

印刷

「めざましどようび」(フジテレビ) 2010年2月13日 6時~

   「めざましテレビ」の週末版「めざましどようび」。メインキャスターはフジの福原直英アナとフリーの杉崎美香。ほかにフジの加藤綾子アナや中村光宏アナなど若手が活躍しているのが特徴だ。「めざましテレビ」同様、ニュースありスポーツあり芸能あり。さまざまなコーナーで成り立っている情報番組だ。そのコーナーのひとつに「めざカルチャー」というのがある。カルチャーとは名ばかりでようするにグルメ企画で、毎回、テーマを決め、おいしいものを求め日本各地を訪ねるものだ。
   この日は「もぐもぐルーツ紀行」という肉じゃがのルーツを探す旅だった。肉じゃがの肉は牛肉か豚肉かを道行く人にインタビューするまでは良かったが問題はそこから先だ。肉じゃがの元祖は舞鶴だということがわかり現地に向かったのである。そもそも肉じゃがというのは海軍の艦上食で、東郷平八郎がイギリス留学時代に食べたビーフシチューをもう一度食べたいと料理長に言い、日本流にアレンジしたものが始まりだという。「海軍厨業管理教科書」というレシピ集に載った作り方に沿って元祖肉じゃがの味を再現し、「元祖肉じゃがはおいしいです」でコーナーは終了。「肉じゃが発祥の地」は舞鶴だけでなく呉も名乗っているのは有名な話なのにそのことに一切触れないとは驚きだ。呉まで取材に行く予算がなかったとしても、情報番組なのだから正確な情報を。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中