「スノボは新文化、理解を」 あのキャスターが国母擁護

印刷

<テレビウォッチ> 今朝(2月18日)の番組、バンクーバー五輪のメインは、服装の乱れを批判され妙な注目を集めてしまった国母和宏(21)らが出場した スノーボード『ハーフパイプ』の予選を取り上げた。

50点満点で競う

   その予選1本目の結果は、トリノ五輪金メダリストの米国、ショーン・ホワイト(23)45.8点に続いて、青野令(19)が43,1点、国母が42.1点と高得点で決勝進出を決めた。

違う文化

   ハーフパイプは、大自然の谷底を模したような大きいパイプを半分の割ったなかで、リップ(パイプの縁)を使い空中でジャンプの技を競う競技。

   全体の技のつなぎ、技の難易度、高さ、回転の美しさ、着地の完成度について50点満点で競うが、国母が行う空中での回転技は、パイプのボトムからはるか上空、11メートルもの高さがあるという。

3Dエア

   注目されているのは、非常に難易度が高い『ダブルコーク』というジャンプ中に縦2回転、横3回転をミックスした3次元の軸を使った技。『3Dエア』と呼ばれる。

   ホワイトは予選1本目でこのダブルコークを出してきたが、国母は予選では封印した。

   小倉キャスターは「スノーボードは、冬のスポーツのこれまでの流れとは違う文化。それを理解してあげないと『何だあの下げたズボンは……』となっちゃう」と国母をかばったが、お仕着せの服装では技も冴えないという世界なのかも……。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中