2018年 7月 23日 (月)

五輪「金色スーツ」の秘密 あんな機能やこんな工夫

印刷

<テレビウォッチ>スピードスケートで使用されている金色スーツには秘密が隠されているというので、阿部祐二リポーターがさっそく試着した。

前傾姿勢の方がラク

   阿部はスケートのスタート時のようにしゃがみ込んだ体勢で登場。それから、立ち上がって直立すると「突っ張った感じ」になるそうだ。「前傾姿勢を取ったほうが(体が)ラクになるような設計になってる」(ミズノ担当者)という。

Tバック

   また部位によって伸縮性の違う生地を採用。伸ばした腕や足が元に戻りやすくなるサポート機能があるそうな。さらに空気抵抗や蒸れを低減するような工夫もされている。

   しかし、体にピッタリとした素材なので、着るのが大変で、「やっぱ暑いですね」と阿部。どうやらテレビのスタジオには不向きなようだ。コメンテイターのテリー伊藤は「この部分がTバックっぽくていいですね」と、やはり――と言うべきか、股間に注目していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中