五輪「金色スーツ」の秘密 あんな機能やこんな工夫

印刷

<テレビウォッチ>スピードスケートで使用されている金色スーツには秘密が隠されているというので、阿部祐二リポーターがさっそく試着した。

前傾姿勢の方がラク

   阿部はスケートのスタート時のようにしゃがみ込んだ体勢で登場。それから、立ち上がって直立すると「突っ張った感じ」になるそうだ。「前傾姿勢を取ったほうが(体が)ラクになるような設計になってる」(ミズノ担当者)という。

Tバック

   また部位によって伸縮性の違う生地を採用。伸ばした腕や足が元に戻りやすくなるサポート機能があるそうな。さらに空気抵抗や蒸れを低減するような工夫もされている。

   しかし、体にピッタリとした素材なので、着るのが大変で、「やっぱ暑いですね」と阿部。どうやらテレビのスタジオには不向きなようだ。コメンテイターのテリー伊藤は「この部分がTバックっぽくていいですね」と、やはり――と言うべきか、股間に注目していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中