梅宮アンナから「大好き」 言われた芸人の「良い点」

印刷

<テレビウォッチ> 「天の声」と称する謎の男(南海キャンディーズ・山里亮太の親友)が、芸能クイズを出題するコーナーでは、梅宮アンナにまつわるクイズが出題された。

「たまんない」

   芸能人の視聴者が多い(と自称する)スッキリ!!だが、梅宮も例外ではなかった。この番組の司会者である加藤浩次を見ていて、どこかが気に入り、大好きになったという。それはどこか? この深遠なるクイズの回答者は加藤自身である。

ボイス?

   ご本人は「やっぱハスキーボイスじゃないですか」「髪型」「色白な肌」などとテレ気味に回答するも、すべて不正解。正解は加藤の「手」だった。梅宮は「大好き、あれ。たまらない。大好きです」と告白。とくに、ペンを持ったところがこたえられないんだそうな。

   「好きな手の形と爪の形があって、違うと『ハイさようなら』ってぐらい、手は重要」と、「手」への並々ならぬ執着を見せる梅宮に、番組のキャプションは「梅宮アンナさんは『手フェチ』」との結論を下していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中