国母騒動がつきつけた 日本人の価値観問題

印刷

<テレビウォッチ>開会前から「服装の乱れ」で注目を集めた国母和宏(21)が、ようやく競技に登場した。番組は、スノーボード男子ハーフパイプ予選の映像を速報で入れた。

政界でも話題に

   予選2組18人が終わったところで、国母は暫定2位と報じられると、鳥越俊太郎が「やるじゃん」と喜ぶ。東ちづるが「やっぱりそういう言い方になっちゃうんですね」と反応した。

やるじゃん

   「国母騒動」は政界でも話題になっているようで、谷川秀善(自民党参院幹事長)は会見で「監督がもっとしっかりせんとあかん」と話し、記者から「団長は橋本聖子さんなんですが」と突っ込まれると、「聖子ちゃん、しっかりせんかいと言いたい」とした。

   同じ自民党でも、河野太郎(衆院議員)は自身のホームページで「ルールと価値観が混同されているような気がする。価値観は多様であるべきだ。特定の人の価値観に合わないからといって、処分を下すはおかしい。頑張れ国母。僕は応援するぞ」と綴ったという。

   地元では、国母の銀メダルを予想するメディアもあるとかで、競技面でも注目される存在であることは間違いない。

   番組終盤、赤江珠緒が、国母が予選で高得点をマークし決勝進出を決めたことを伝えた。「迷惑をかけた人たちにいい滑りを見せたい」(国母)という意気込みの一端を見せた。メダル獲得で騒がれてほしい。

 
文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中