スケート高木美帆35位 タイム伸びなかった敗因

印刷

<テレビウォッチ> 500メートルで銀、銅を獲って意気上がるスピードスケート陣だったが、1000メートルは、男女ともに結果がでなかった。

保温性がない

   まず男子。500で銀メダルの長島圭一郎は、思わぬアクシデント。スタート直後にビーッという笛のような音がスピーカーから出て、長島はフライングかと、レースをやめてしまった。

いい経験に

   20分後に再レースとなったが、今度は電光掲示板がおかしくなって、また待たされた。スタートはしたものの、「体が冷えてしまって足が動かなかった」と、途中からは投げたようなレースになって、38人中の37位。

   長島は「これが実力でしょう」というのだが、これにみのもんたが、「条件はもう1人の選手も同じでしょ?」

   長野、ソルトレーク代表の三宮恵利子は、「アクシデントは滅多にないこと。しかし、それを乗り越える精神力がないと、結果はついてこない」と手厳しい。

   が、「レーススーツは保温性がない。リンクに保温の衣類はもちこまないし」ともいう。コーチ陣に待ち時間への気配りはなかったのか?

   一方、この日(2月19日)朝行われた女子1000メートルでは、期待のスーパー中学生高木美帆が初めてリンクに立った。しかし、初五輪に硬くなったのか、「体が高くてタイムが伸びなかった」(三宮)。

地元も意気あがらず

   日本勢は、小平奈緒が健闘して5位に入ったほかは、吉井小百合15位、岡崎朋美34位、高木美帆35位とふるわなかった。

   ただこのレースは、1位から5位までが、1分16秒台で、コンマ以下が、1位から順に56、58、72、78、80という大接戦。5位小平の銅メダルとの差はコンマ08=100分の8秒だ。

   久保田智子が、「差は、もうこんな」とパチンと手をたたく。

   三宮は、「スケートエッジの先、何センチかです。目では見えません」

   みのが「エッジを長くしておけばいいのに」(爆笑)

   このあと、高木美帆の地元、北海道・幕別町を米田やすみが訪れて、約300人が早朝6時半のレースに声援を送る様を伝えたが、高木の不振でやや意気があがらず。

   みのがまた、「高木選手もいい経験になったでしょう」などという。

   おいおい、まだレースは残ってるぞ。彼女の次の出番は月曜日の1500メートルだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中