加藤紀子、電車移動にあたふた 「なに…このシャットアウト感」

印刷

   タレントの加藤紀子が、「車のない生活」にあたふたしている。

   愛車を修理に出しているという加藤は、最近はもっぱら電車移動。ただ、普段は乗らないだけに四苦八苦しているようだ。

   乗り換えに「どうしていいのやら右往左往」、駅構内にある矢印も「階段を刺す上マークなのか、先を進めの上マークなのか…わからん」。「地下鉄って便利だけど難しい~」とぼやく。

   改札を通るときは、もっとややこしい。ICカード「PASMO」を使う加藤は、4回に1回は「ガシャーン」と改札に引っかかる。

   「なに…この…シャットアウト感 『ちっ』…心で必ず舌打ちしてしまいます。(後ろの人も小さく舌打ちしてるはず…)」

   スムーズにするためのシステムが逆に複雑にしていることに対して、「こんな気持ちになるってなんだかな…」と首を傾げたようだった。2010年2月18日のブログから。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中