出生前診断で「障がい」 どうすればいい?

印刷

   <青春リアル>この番組は、ひとつのテーマに対し、視聴者の方から寄せられた意見によって構成された番組です。今回のテーマは、出生前診断によって生まれてくる子に障がいがあるとわかった時にはどうするかというものである。

「考え続けることが大切」

   このテーマをもとに、視聴者の意見が紹介されていくというものだった。意見の中には「幸せ、不幸せってそもそも何なのだろう」や「自分と違う幸せのあり方を想像するのは難しい」といった、根本的な問題から議論を進めていこうという試みが多かった。

   番組の方針としては、制作側の考えはできるだけ排除されており、あくまでも視聴者に問題を投げかけ考えさせるということに重点が置かれていた。ちなみに、番組のほうから今回のテーマに対する明確な回答はなかった。

   確かに、視聴者の方から寄せられた意見を選択している時点で制作者の考えが絡んでいるし、番組として明確な答えがないのもどうかと思う。しかし、これも視聴者の方の意見ではあるが(おそらく選択されたもの)「この問題を考え続けることが大切」という意見を最後に紹介していた。解決されない事件、答えの出ない人間関係、それが私たちの日常だろう。その中で私たちは、考え続けている。そういった日常を取り扱うのがテレビなのかもしれない。それならば、答えの出ない問いを投げかけ続ける番組があっても不思議なことではないだろう。<テレビウォッチ

K・A

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中