2018年 7月 23日 (月)

「おくりびとが米アカデミー」 若い人も見ましたか?

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>2009年2月23日(日本時間)、映画「おくりびと」(本木雅弘主演)が、日本初の米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。

   直前情報を含め、「政治記者がアカデミー受賞喜んだ訳」(朝ズバ、09年2月24日)、「デーブ・スペクターが解説 『おくりびと』アカデミー受賞の訳」(とくダネ、同2月24日)、「おくりびとが『受賞』 ネット『事前情報』は何だったのか」(スパモニ、同2月23日)などが取り上げた。

   とくダネ通信簿は、デーブ・スペクターによる受賞理由の解説を紹介した。納棺師という死と向き合う仕事に主人公らが取り組む同映画について、デーブは「アカデミーの会員の過半数が60歳以上で、葬式というのは、興味のあるテーマ」と「背景」を説明してみせた。キャスターの小倉智昭は「丁寧な作りの作品でした」と評していた。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中