盛り上がるカーリング 「ゲートボールっぽい」の声も

印刷

<テレビウォッチ>バンクーバー・オリンピックのカーリングで、日本がロシアを大逆転して、3勝2敗とした。これが番組直前のほやほや情報。キャプテン目黒萌絵(25)のスーパーショットが流れて、スタジオも大騒ぎ。

胸元マイクで「作戦」聞こえる

   はじめ6点差をつけられていたのを、じりじり追い上げて最終エンドで9-9の同点に。延長戦に入った11エンドで、このスーパーショットが出た。ロシアのストーンすれすれにすり抜けたストーンが、真ん中のロシア・ストーンをはじきとばした。12-9の逆転だった。

いけるんじゃ

   初戦のアメリカには辛勝したが、カナダ、中国に連敗したあとの対英国戦で、日本は11-4と大勝。これも、目黒のスーパーショットだった。天井から見下ろすカメラが、ストーンの位置をハッキリ見せるから、素人にもよくわかる。スリル満点だ。

   そしてもうひとつ、選手たちの胸元にあるマイクで、彼女たちの会話がきこえるのだ。テレビ観戦者のためで。アイスの状態、作戦の内容が聞こえる。専門家は「一緒にプレーしているような気分になる」という。

   「まだ1点なら、このエンドあげてもさぁ、2点はあげないってふうに……」「ここ1点ほしいだけだからね」「2点はあげたくない」といった調子。イギリス戦では相手も「これで互角になった」なんていってる。日本が勝ったあと、「多分1ミリくらい。2失点か勝つか、みたいな……」と、本音も聞ける。

予選突破は?

   みのもんたが「カーリングって、歳を感じないでできそうじゃない?」

   が、杉尾秀哉は「ちょっとゲートボールっぽい」(笑い)と水をさす。

   みの「……」。気を取り直して「マイクがついてるのってどうです?」

   複合金メダルの荻原健司は「嫌ですねぇ。あいつ飛びやがった、なんて、いえないこともあるから」(大笑い)

   スケートの三宮恵利子も、「嫌ですね。うわぁいかれた、とか、考えてなくても自然に出ちゃうことってあるじゃないですか」

   みの「プロ野球でも、キャッチャーにマイクつけたことがあったが、すぐやめました。いろいろあって……」(爆笑)

   6勝すれば予選突破は間違いないが、5勝だとタイブレークとかになる。つまりあと3勝はほしい。

   みの「残りは?」「4試合です」「4戦で3勝?」一瞬沈黙して「いけるんじゃない?」(笑い)

   このあと対戦するドイツは日本よりランクが下だが、あとの3か国は上だ。そう簡単ではない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中