2018年 7月 18日 (水)

「競技後」国母のパフォーマンス 「これやるの夢でした」

印刷

<テレビウォッチ>服の着こなしや言葉遣いで脚光を浴びたスノーボード・ハーフパイプの国母和宏選手だが、番組によると、スッキリ!!だけにバンクーバー五輪競技後の心境を語っていた。

スッキリ

   国母は番組の取材カメラに向かって「雪の上でも他でも、自分のスタイルを崩さないでここまで来られたことは誇りに思います」と、来た道を振り返って自道自賛。「まあ、スッキリ!!しました」と言うと、両腕を前方に突き出し、片足を引いたスッキリ!!ポーズを披露した。

   最近は目にする機会がめっきり減っているが、番組を訪れたタレントらが時折強要されることで知られるスッキリ!!ポーズを、国母は自発的にやって見せたのである。

   「これやるの、本当に夢でした。スッキリ!!ポーズできて嬉しいっすね」。スッキリ!!ファミリー入りという夢の快挙を成し遂げた満足感からか、国母は満面に笑みをたたえていた。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中