インパルス堤下敦 「なんじゃこりゃ。嬉しすぎるぞ」

印刷

   一年間の期間限定でブログを更新し続けてきた、お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が2010年2月22日のブログで、多くのコメントが寄せられたことに改めて感謝している。

「なんじゃこりゃ。嬉しすぎるぞ。凄いぞ。予想外です」

   2月19日が最後の更新になるはずだった。ところがこれに、500件を越える書き込みが相次ぎ、また改めて更新することになったようだ。いずれにしても、正直驚いているという。

   コメント欄を見ると、時間の流れを実感する。子どもが1歳を迎えた人もいたし、大学に合格した人もいた。あるいは海外からも更新を楽しみにしていた人がいたらしい。本人は「こんなブログなんて二、三人しか見ていないと思っていました」。

   コメントを通じて、大いに褒められたことには感謝している。ただ、堤下は「そんな大した人間ではございません」といい、欠点の塊なので勘違いしないでほしいと書いている。ともあれ、寄せられた応援が嬉しく、これからはコメントに書き込まれたような「人」になるのが目標とおどけていた。

   さて前日、ブログ開設のきっかけがお笑いコンビ・キングコング西野亮廣のイタズラだったことを話題にしたが、その後、当の西野からメールが来たようだ。タイトルには「マジで一年更新し続けるは・・・」と書かれ、本文には「ひくわー」とだけしか書かれていなかった。

   もっとも、メールは前振りで、その後、西野は堤下のために「ブログのお疲れさん会」を開いたというから、なかなか粋な計らいであった。「彼はただの良い人です」「ありがとう」などと感謝していた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中