矢口真里が「ぎりぎり」で卒業 「ぽっかり寂しい気持ちも…」

印刷

   タレントの矢口真里が2010年2月23日のブログで、自動車免許の「卒業検定」に挑んできたと報告している。

   藤本美貴といっしょに自動車教習所に通っていた。が、藤本は「とっくの昔」に合格。矢口は約9か月かけ、「期間ぎりぎり」でやっと卒業検定にまでこぎつけたのだという。

   「東京混んでるよ…車多いよ…道が複雑だよ…」。路上での試験に「正直かなり焦りました」と奮闘ぶりをつづる。結果は「合格」で、「ヘキョーーーやりました!長い長い道のりでした」とうれしそうだ。

   ただ、1年近い「通学」ですっかり教習所に愛着がわいたのか、「なんだかぽっかり寂しい気持ちもあります」。改めて認識したのは、「学校好き」であること。「次はどんな学校に通おうかなぁー」と早くも期待に胸を膨らませている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中