荒川静香はSP3位だった 浅田真央「逆転優勝」の可能性

印刷

テレビウォッチ>きのう(2月24日)行われた女子フィギュアのショートプログラム(SP)は、オリンピック後半最大の山場だ。浅田真央とキム・ヨナ。同い年19歳の宿命のライバルがともに完璧を競った。結果はキム1位、浅田2位。

本人も「すごい」

   浅田が、得点を見て驚いた。「アッ」といったあと、「すごい」と口走った。73.78は今期自己ベストだが、ここまでの点が出るとは思っていなかったらしい。

おばさんが

   この時点では暫定1位だったが、次のキムがさらに高得点を出して、その差は4.72。78.50は史上最高点だという。浅田の滑りを見たあとだから、これもすごいもの。

   浅田はキムと並んでの会見で、「いつも(SPでは)10点くらい差をつけられるので、嬉しい」といっていた。ホント素直でいい子だ。いつもは、後半のフリーで巻き返して、勝ったり負けたりが続いている。

   「朝ズバッ」はわざわざ2人の滑りを「ノーカットで」見せた。そのうえで、2人の滑りと得点がどうなっているのかを、スタジオで村主章枝が解説した。そのジャンプで何点、ステップで何点というやつ。得点では、最初のジャンプで2点近い差がついたほかは、非常に細かい。これがわかる人は少ないだろう。

   いえるのは、ほとんど全ての得点で、キムが浅田を上回っていること。これについて村主は、「スケートの基礎の部分、いかにスムーズに滑ったか」だといった。

SP1位の「金」なし

   いわれてみると、なんとなくわかる。キムの滑りはたしかに滑らかだった。村主は「だから、最初のジャンプにも、ほとんどのジャッジが2点加えている」と。なるほど。

   他の日本選手は、安藤美姫(22)64.76で4位、鈴木明子(24)61.02で11位だった。さてここで、逆転ははたして可能か、となるわけだが、面白いデータがある。

   過去4回のオリンピックで、SP1位は金メダルを獲っていないのだ。トリノで金の荒川静香は、SPは3位だった。

   これにみのがしきりに感心して、「見ていたおばさんがいってた。(キム・ヨナは)色っぽいわね、って。ボンドガールを表現してました」

   フリーの演技は日本時間で明日の午前。滑走順は、20番から順に安藤、キム、浅田、ロシェット(カナダ、SP3位)と続く。しかし、「朝ズバッ」には間に合わない。そこで何を仕掛けるかが見物だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中