2019年 12月 16日 (月)

浅田とキムの「5点」差 スタジオでは「納得」相次ぐ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

<テレビウォッチ>浅田真央とキム・ヨナの得点にどうして4.72の差がついたのか、番組は、プロフィギュアスケーターの村主千香(章枝の妹)を招いて尋ねた。

スピードの違い

   結論をいうと、「出来栄え評価」でキムが上回っていたようだ。村主は「キム選手はスピード感のある中で、高さ、幅、流れのあるジャンプを跳んできた」とし、「浅田選手はノーミスを目ざしてジャンプに慎重になっていた。その点でスピードを少し抑えていた」と続ける。

伸びている

   ゲストコメンテーターの田中喜代重(弁護士)も「キム・ヨナさんの方が艶っぽかった。納得しちゃった」と言い、鳥越俊太郎も「高さ、飛距離が出ていた。着氷したときに手足が伸びている」。ショートプログラム(SP)ではキムが力を見せつけたということだろう。

   明日(2月26日)のフリーで逆転があるのかどうか。2007年の世界選手権では浅田が10点以上の差をひっくり返したとか、リレハンメル大会以降、SPトップの選手は金メダルを取っていないとか、番組は「身びいきデータ」を並べる。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中