元メダリストの解説 合格の人と「消えて欲しい」人

印刷

「バンクーバー五輪・フィギュアスケート・男子フリー」(日本テレビ)と(NHK BS1) 2010年2月19日 10時ごろ~

   高橋大輔の頑張りと銅メダル獲得はあっぱれ。万人が見ただろうから競技の内容については繰り返さない。何度か見てみたら、連続ジャンプの2番目の着地や、最後のスピンなどに素人目でもわかるミスがあって、よくぞあんな高得点を与えてくれたものだと思えた。高橋の直ぐ後で滑ったジョニー・ウィアーは、ほとんどノーミスに見え、「ヤバイ、大輔の上に行くかも」と心配するほどであったのに、案外低い点だった。つくづくフィギュアスケートの採点は難しい。
   これに関して、NHKで競技解説をしている本田武史は、訥々として饒舌ではないが、時々さすが元名選手と頷けることを言う。ウィアーについても、中継アナウンサーが「ほぼ完璧に滑った」というようなことを言ったら、横からボソッと「エッジの使い方で減点されるかもしれない」と付け加えた。われわれ素人は、転びさえしなければ成功と思うが、もっと厳密に採点されていることを彼は教えてくれた。これでこそ意義のある解説者といえる。
   現地司会者の1人になっている荒川静香も、やたらに興奮するタレントと異なり、演技者の疲れ具合や心理などについて言及していて合格。反対に高橋尚子もキャスターで他局に出ているが、夏のオリンピックの金メダリストではあっても、冬季五輪に出てくる意味がわからない。何故なら、相変わらず訛りがきつく、滑舌も悪く、不自然なニコニコ顔が目障りなだけ、消えて欲しい。

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中