石原さとみが「無心になって観てみて」 将来「自慢できる」映画とは

印刷

   女優の石原さとみが2010年2月25日のブログで、映画「人間失格」をすすめている。

   石原は主人公の大庭葉蔵(生田斗真)が初めて結婚する煙草屋の娘を演じている。「荒戸(監督)ワールドに浸ったら、あなたも大庭葉蔵を愛せるかも…」と思わせぶりなコメント。それほど良い映画に仕上がったようで「絶対に映画館で観てほしいです」。

   優れた作品というと「味わうのに集中と努力が必要なものもある」というが、この映画はそうした努力は不必要といわんばかりに、「まずは無心になって観てみてください」。そうすれば、将来この映画を「『劇場のスクリーンで観た』と自慢できる日が来る気がします」と、熱く綴っていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中