2018年 7月 23日 (月)

石原さとみが「無心になって観てみて」 将来「自慢できる」映画とは

印刷

   女優の石原さとみが2010年2月25日のブログで、映画「人間失格」をすすめている。

   石原は主人公の大庭葉蔵(生田斗真)が初めて結婚する煙草屋の娘を演じている。「荒戸(監督)ワールドに浸ったら、あなたも大庭葉蔵を愛せるかも…」と思わせぶりなコメント。それほど良い映画に仕上がったようで「絶対に映画館で観てほしいです」。

   優れた作品というと「味わうのに集中と努力が必要なものもある」というが、この映画はそうした努力は不必要といわんばかりに、「まずは無心になって観てみてください」。そうすれば、将来この映画を「『劇場のスクリーンで観た』と自慢できる日が来る気がします」と、熱く綴っていた。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中